子供が出来た夫婦

子どもを諦めていた人の希望の光となる代理出産

おなかにリボン

様々な不妊治療で、赤ちゃんを授かるご夫婦が多くなりましたが、日本ではあまり行われていない代理出産についてご紹介します。借り腹と呼ばれることもある代理出産ですが、その名の通り、自身のかわりにお腹を借りて、代理で出産してもらうことを代理出産と言います。自分の卵子、夫の精子に問題無い方が、病気や手術などで子宮が無かったり、機能していない場合、夫婦の受精卵を代理母の子宮に入れ、出産するという方法で、夫婦の遺伝子を持った子供を授かることができます。
問題が無ければ、夫婦の受精卵を使うことが多いですが、妻の卵子や夫の精子に問題があれば、第三者の卵子や精子を提供してもらい体外受精した受精卵を代理母の子宮に入れ、出産するという方法もあります。
代理出産は、日本国内では法的に規制はされていないものの、まだ法整備ができておらず、ほとんど行われていない状況です。代理出産を検討される場合には、海外での代理出産の情報に詳しく、親身に相談にのって頂ける仲介業者のエージェンシーへ相談するのがいいと思います。
エージェンシーでは、代理出産にかかる費用や、リスクの説明を詳しく聞くことができ、納得の上に契約する事ができます。代理母を選んだり、海外での採卵、体外受精をし代理母への胚移植の流れを、エージェンシーが、サポートしてくれます。代理母の妊娠が無事確認できたあとは、出産を待ち子供を迎えに行き、子供を連れて帰国します。