子供が出来た夫婦

代理出産の二つの方法とは?子どもを授かるための選択

何らかの理由で子どもを授かることのできない夫婦にとって、代理出産という選択は希望の光でもあります。日本ではまだ行われていないため、海外で行う必要があり費用もかかりますが、それでも自分たちの子どもを授かりたいという強い思いから選択する人もいます。代理出産には、大きく分けて次のような二つの方法があります。
一つ目は、代理出産を行う第三者の女性の子宮内に、子どもの父親となる夫の精子を注入することで受精卵を作り、妊娠・出産を目指す方法です。これは、サロゲイトマザーと呼ばれ、子どもの母親となる妻と生まれてくる子どもには血縁関係がないというのが特徴的です。
二つ目は、第三者の女性の子宮内に、夫婦の受精卵を入れて妊娠・出産を目指す方法です。こちらはホストマザーと呼ばれるもので、夫婦ともに血縁関係のある子どもが生まれるというのがサロゲイトマザーとの大きな違いです。
どちらの方法を選択するかというのは、夫婦の状況や希望にもよります。実際には、二つ目のホストマザーと呼ばれる方法を選択するケースが多いようです。エージェンシーへ相談することで、費用の面や具体的にどのような流れで代理出産を行うかなど疑問に関して応えて貰えるので、まずは問い合わせてみましょう。

代理出産について不安がある時はエージェンシーに頼ろう

代理出産は、何らかの理由で子どもを授かれない夫婦にとって、我が子を授かるための最終的な手段とも言われています。日本ではまだ制度が整備されておらず、海外に渡航して行うこととなります。代理出産で実際に子どもを授かり育てている夫婦もいます。今回は、代理出産の大まかな流れをご説明します。
まずは、代理出産エージェンシーへ相談することから始めましょう。相談の際に、費用や期間をはじめ不安な点を一つ一つ解決していきます。その後契約に至った場合は、代理出産を行う第三者の女性が選定されます。
代理出産を依頼できる準備ができたら、海外に渡航し、採卵や体外受精などを行い、女性の妊娠を待ちます。妊娠の判定が出て、無事出産に至るまで子どもが育ったらそのタイミングで再び渡航し、子どもを引き取り帰国します。代理出産の流れはだいたいこのようになっています。
代理出産が可能な第三者の女性はまだまだ少なく、選定に関してはエージェンシーの動きに任せるしかありません。不安な点が多いのが普通ですので、まずはどんなことでもエージェンシーへ相談し、代理出産に前向きな気持ちで取り組むことが大切です。また、まとまった費用を準備しておくと安心ですね。

代理出産を希望するならエージェンシーへ相談しよう

現代社会において一つの大きな問題となっている不妊。近年では晩婚化が進み高齢での出産を望む女性が増えてきていることもあって、不妊で悩んでいる女性は決して少なくはないです。そのため現在は不妊治療も多様化してきており、様々な治療方法が確立されてきています。しかしそれでもやはり、何らかの理由で子宮そのものを失った、もしくは子宮の機能を失った女性など、現代の医学ではどうしようもない理由で不妊に悩んでいる女性はたくさんいらっしゃるはずです。
そんな女性の選択肢の一つとして今注目されつつあるのが、代理出産です。海外ではもはや珍しくなくなりつつある代理出産ですが、日本ではまだあまり馴染みがないという方も多いと思います。代理出産というのは文字通り代理母となる女性の子宮を借りるという形で、妊娠を希望する夫婦の受精卵を移植する最先端の不妊治療なのです。
しかし、代理出産を希望する場合どこに行けば良いのか、疑問に思う方も多いのではないでしょうか。現在の日本の病院ではほとんど代理出産を行なっていないため、まずは代理出産のプログラムを提供しているエージェンシーへ相談するのがおすすめです。
エージェンシーへ相談してプログラムに参加する事が、代理出産への第一歩なのです。